【インカジ】【オンラインカジノ】カジノにおけるマナーについて!

こんにちは、オンラインカジノ紹介ブログ管理人です。

今回は【インカジ】【オンラインカジノ】カジノにおけるマナーについて!

これについて書いていきます!これは知っておいて損は無いハズです!

初めてのカジノで浮かれて大失敗・・・!なんて事にならない為にもしっかり覚えておきましょう!

逆に言えばこれを知っておけば恥をかくことはないでしょう!

弁える所は弁えて、大きく出る所はドーン!といきましょう!

何事もメリハリが大事ですからね!

 

意外と知ってる様で知られていないのがマナーの常!

だからこそ知っていればスマートに見えますよね!

海外で失態を犯したらそれこそ自分の身が危ういですからね・・・!

日本にもよくわからないマナーはたくさんありますよね!

「だからなんだよ!!!」と言いたくなるような事ばっかりです!

ノックの回数だとかなんか言い掛かりかよ!と言いたくなりますよね・・・。

そんな話はさておき、そろそろ本題に入りましょう!

これでアナタもカジノでスマートに遊べますよ・・・!

 

 

【インカジ】【オンラインカジノ】カジノにおけるマナーについて!

 

日本ではパチンコが主流だが海外ではカジノが庶民の娯楽の一つになっています!

もちろん日本にはまだ正式なカジノ場が存在しない為、

ゲームの種類や遊び方がよく分からない人も多いでしょう!

カジノでの金儲けを意識し過ぎて「負ける」という結果を想定外にしてしまっている人は

マナーNGギリギリの行動を取っているかもしれません・・・!

今回は簡単に「恥をかかない5つのマナー」を御紹介します!

 

 

1.同じスロットに長時間居座るべからず!

スロットはテーブルゲームのバカラやルーレットのようにディーラーが

台を回して参加者が大勢いるという環境とは少し違います!

 

周りに邪魔されないで楽しめるということもあって必要以上に没頭してしまう傾向がありますからね!

昼間はそうでもないですが夕方以後の混雑時に

「まだまだ粘ってやるからな・・・!」と長時間同じマシンに居座るのは

実は恥ずべきマナー違反なのです!

 

カジノゲームの中でも初めての人がすんなり入れるのがスロット

およそ日本円で数百円から気軽にスタートできるゲームともあって

長時間遊べるのも魅力の1つであります!

 

もちろんスロットで遊ぶ制限時間など無いですが

特に混雑時で後ろで待っている人がいる場合は

その状況を無視して台を占領するのはあまり良くないです!

日本のスロット事情とは少し勝手が違いますよね、

パチスロなら後ろにハイエナがいたら

「閉店までぶん回したらぁボケが!」なんて思う事、ありますもんね(笑)

 

 

2.複数のスロットを占領するべからず

スロットフロアが比較的空いている時にしがちな行動のひとつが

「スロット台の掛け持ち」です!

これはパチスロでも同じですよね、そんな人はもはや論外ですね!

そんな事してる人はあまりいませんが当然、カジノでもタブーなので気を付けましょう!

 

 

3.「No more bet!」を無視するべからず

ルーレットなどのテーブルゲームでチップを賭ける時は「時間制限」があります!

例えばルーレットの場合、ゲームが始まると参加者は

次々にテーブル台の数字にチップを張っていきますよね?

 

ディーラーがホイールを回し始めボールを投げ入れますが、その後

「No more bet!(チップはもう置かんといてーな)」の声がかかったら、

もうチップは張れないことになっています!

 

カジノ用語でいう「後張り」は、ラスベガスやヨーロッパなどのカジノ場では禁止が緩和されたみたいですがマカオやソウルなどのアジア圏では後張りは、やはりダメな行動とみなされています!これを無視して永遠にチップを張り続けるということは絶対にダメです!もうダメなんですよ!!

 

「そのタイミングがわからねーよ!」

って人はプレイする前に人がやっているのを参考にするといいでしょう!

最初のうちは間違ってチップを置いてしまっても

ディーラーは冷静な態度でそのチップをに手元に戻してくれますが

これを良い事に、調子に乗ったらイカンのですよ!

まぁ、普通に考えたらなかなかそんな事しないと思いますが!

 

 

4.間違ってもディーラーをからかうべからず

世界のカジノ場では決まってお酒を楽しむスペースがあります!

パチンコやパチスロと違って豪快に酔ってても勝負に挑む事が出来るのです!

しかしお酒に酔ってもマナーはマナー!

酔ったままカジノはもう色々と危険です!

 

酔ってる時は冷静な判断は出来ないですし、

負けたらクソムカつきませんか?

 

これ系のトラブルは特にアジア圏のカジノ場の中国系ディーラーに向けてが多いみたいです!

 

言ってみればディーラーは経験豊富なエンターテイメントのプロで

カジノ場が正式に雇った従業員です!

例え軽い気持ちで「イカサマじゃないの?」と挑発して険悪なムードに・・・

それで他の参加者がテーブルを離れるようなことになってしまっては「営業妨害」ですよ!

 

下手したら黒服のガタイの良いセキュリティが来て連行・・・

なんて事もあるので気を付けましょう!

 

 

5.カジノ場=「世界の社交場」を忘れるべからず

カジノは色んな理由で訪れる人がいて、それは人様々なわけですよ・

どんな目的でカジノ場へ入場しても、

そこは世界のあらゆる人種が集まる「世界の社交場」なのです!

例えば、マカオについてはおよそ80%がお金と時間に余裕のある富裕層の中国人です!

 

もっと言うと、1日数百万から数千万を費やす

VIPルームの顧客についてはほとんどがそうなのです!

 

一方、ラスベガスはそれはそれは世界各国からカジノファンが集まってくるので、

 

もう大変なわけですよ!

 

そんな中でマナーも知らずに好き放題してたらもう恥ずかしいですよね・・・!

公共の場なのでしっかりと上記の事柄を頭に入れてプレイしましょう!

マナーというか基本ですよ、モラルの問題ですね、はい。

 

皆さんはくれぐれもご注意願いたいです!それでは!!

カジノ倶楽部ジャパン


W88.com


ベラジョンカジノ


インターカジノ