【インカジ】【オンラインカジノ】カジノの歴史を知ろう!

こんにちは、オンラインカジノ紹介ブログ管理人です。

今回は【インカジ】【オンラインカジノ】カジノの歴史知ろう!

これについて書いていきたいと思います!

一体いつからカジノがあるか皆さん気になりませんか?

どんな成り立ちで何処発祥なのか?色々と気になると思います!

今日はそんなカジノの歴史について調べてきましたので皆さん一緒に勉強しましょう!

知らなくてもいいですが、知ってると少し賢くなれる!そんな今回のテーマです!

 

さてさて、カジノは一体どんな経緯で今日に至るか?

実に気になる所だと思います!そうですよね?知りたいですよね?

僕だけ盛り上がってるんじゃないかと不安ですが気にせずいきます!(笑)

知られざるカジノの歴史!今日はそれを紐解きます!

これで今日からカジノ博士になれますよ・・・!

 

 

【インカジ】【オンラインカジノ】カジノの歴史を知ろう!

 

▼カジノの歴史

カジノ(casino)の語源はイタリア語で「小さな家」を意味するcasaで、

もともとは王侯貴族が所有していた社交用、娯楽用の別荘を意味していました!

これが時代の変遷とともに娯楽施設を備えた遊戯社交場の性格を強め、

産業革命以降には一般大衆を対象とした集会場がヨーロッパ各地に誕生してカジノと呼ばれるようになりました!

 

初期のカジノは「特権階級のサロン」と「賭博好きの庶民や無頼漢のたまり場」という二種類に分類されます!

ギャンブルと規制・弾圧は表裏一体のもので、各国はさまざまな規制を作り違反者を弾圧しましたが

フランス革命が起きると革命家たちはこれらの規制を取り払い

ギャンブルに対して驚くほど寛容な姿勢を見せます!

しかし、やがてカジノを公認して規制し、それから税金を取り立てることを思いつきました!

その後権力の座に着いたナポレオンは当初カジノ禁止令を出しますが、

税収の落ち込みからしだいに骨抜きの規制となり

「温泉保養地は例外」などさまざまな除外例を認めるようになります!

この規制法がフランスでは現在でも続いているのです!

 

 

このカジノへの課税はギャンブルの歴史上大きな転換点となりました!

各国政府はその後次第にギャンブルに対して寛容になり、

その後の紆余曲折はありましたがカジノが広まるもととなりました!

しかしこれはギャンブルに対する見方の変化というよりも財政的事情によるものであります!

かつて、石原都知事が2期目の都知事選で公約すると報道されて話題となった「カジノ構想」も

税収およびそれが実現した場合の経済波及効果が目的だったと言われています!

 

 

▼世界各国のカジノ

世界各地にはさまざまなカジノがあります!

これから比較的規模の大きいカジノ施設を有するところを紹介します!

 

 

この中ではアメリカ、フランス、イギリス、ドイツがベスト4でしょう!

歴史や伝統を踏まえた格式ではヨーロッパ、規模やパラエティの豊かさではアメリカといった所です!

 

<北米大陸>

アメリカ合衆国

アメリカといえばネバダ州にあるラスベガスが有名ですが

ネバダ州ではこの他にもレイクタホ、リノなどがあります!

またニュージャージー州のアトランティックシティなど

他の州にも巨大なカジノホテルを有するところが多いです!

また、近年はインディアン居留区でのカジノ認可が相次ぎその数は全米で急速に拡大しています!

 

カナダ

カナダでも近年カジノが急増しています!

大規模なものではケベック州のモントリオール、アルバータ州のエドモントンなどです!

 

<ヨーロッパ>

フランス

フランスでは百数十のカジノがあるが主として温泉保養地、観光地に存在します!

大きなものではカンヌフェスティバルホールの中にあるCannes-Croisette

スイスに近いCasino de Divonne

ノルマンディー海岸にあるCasino de Deauville

ニースのCasino Ruhl

パリ近郊の湖畔にあるCasino D’Enghienなどがあります!

 

イギリス

イギリスにあるカジノはすべてクラブ組織であり

現地で申し込みの手続きをしてから48時間を経過しないと入場できません!

またロンドンのクラブは年会費を2ポンドから25ポンド必要だが地方のクラブは無料のところも多いです!

クラブではアルコールの提供やショウなども禁止され、純粋にギャンブルだけを楽しむ場所となっています!

規則でディーラーへのチップも禁止されているところが面白いですね!

ロンドンで大きいカジノはVictoria Casino

Maxims Casino Clubなど、他の都市ではカーディフのLes Croupiers Casinoが最も大きいです!

 

ドイツ

ドイツはカジノの歴史が最も古く、すでに13世紀に公営カジノがあったと言われています!

現在では40ヶ所近くのカジノがあり、その多くは温泉保養地や観光地にあります!

規模の大きいものはバーデンバーデン、バート・アーヘン、ドルトムント、ベルリンなどにあります!

 

その他

モナコのモンテカルロカジノは最も有名ですね!

この他、スペイン、ポルトガル、スイス、ベルギー、ルクセンブルグ、オランダ、デンマーク

スウェーデン、フィンランド、オーストリア、イタリア、ギリシャ、マルタ、トルコ、北キプロス

またロシア、ウクライナなど旧社会主義国のほとんどにもカジノは設営されており、

規模に差はあってもヨーロッパでカジノを持たない国を探す方が難しいでしょう!

 

<アフリカ・インド洋>

ケニア

首都ナイロビと港湾都市モンパサに幾つかカジノがあります!営業時間は遅く21時~3時ということです!

 

南アフリカ

10軒ほどのカジノが各地にありますが最も規模の大きいのは

「アフリカのラスベガス」とも言われるノースウエスト州サンシティのカジノでしょう!

 

モーリシャス

東インド洋に浮かぶ常夏の島国には8つのカジノがあります!

最も大きいのはモーリシャス島のLa Pirogue Sun Hotel & Casino!

 

エジプト

カイロにはMarriott Hotel & Casino など8軒、その他

アレクサンドリア、アスワン、ルクソールなどにカジノホテルがあります!

 

その他

アフリカには上記の他にもチュニジア、モロッコ、ガーナ、ナイジェリア、

ガボン、ザンビア、ジンバブエ、マダガスカルなど、多くの国にカジノがあります!

ヨーロッパと同じくカジノを持たない国は少ないです!

 

<中米・カリブ海>

バハマ

カリブ海に浮かぶ多くの島国のほとんどがカジノを持つがバハマには

ラスベガススタイルの大型カジノが4軒あります!

 

その他

ドミニカ、プエルトリコ、オランダ領アルバ、コスタリカ、

ホンジュラス、パナマなどの国・地域に比較的カジノの数が多いです!

 

<南米大陸>

アルゼンチン

南米最大のカジノ数を誇り、22の地域に20数軒のカジノがあります!

中でも海浜リゾートのマルデルプラタにあるCentral Casinoは最も大きいです!

 

その他

コロンビア、エクアドル、ペルー、パラグァイ、ウルグァイ、チリなどに数軒から十数軒のカジノがあります!

 

<アジア>

韓国

韓国にはソウル、仁川、雪岳、慶州、釜山、済州島に、

全部で13の公認カジノがありますがソウルのシェラトン・ウォーカー・ヒルが最も有名です!

 

その他

中国に変換された旧ポルトガル領マカオは経済特別区として

住民自治が保証されたことからカジノも安泰となり繁栄しています!

この他にフィリピン、マレーシア、ネパールなどが多くのカジノを保有しています!

 

オーストラリア

首都キャンベラの他、各地に多くの一流カジノホテルがあります!

中でもアデレードのカジノは南半球で最もスタイリッシュなカジノとして有名ですね!

 

その他

ニュージーランド、バヌアツ、ニューカレドニアなど太平洋の島々にもカジノがあります!

 

 

▼まとめ

この様に世界各国で広がりを見せるカジノ市場!いずれ日本でも!というのも無理はないですよね!

いつか日本に出来たら僕も行ってみたい所ですね!!!

 

それでは!!!

カジノ倶楽部ジャパン


W88.com


ベラジョンカジノ


インターカジノ