【インカジ】【オンラインカジノ】日本のカジノはどうなるの?

こんにちは、オンラインカジノ紹介ブログ管理人です。

今回は【インカジ】【オンラインカジノ】日本のカジノはどうなるの?

これについて書いていきたいと思います!

なんだか日本にカジノが出来る!みたいな話は前からよく耳にすると思いますが

実際の所、どうなのよ!って感じしませんか?なんだか噂のままで終わりそうですよね!

本当にカジノ実現にあたって今、どうなっているのか?気になりますよね!

今日はそこをお話しして行きますね!

 

 

「早く日本にカジノ出来ないかな~!!」って思ってるそこのあなた!!

あなたですよ!そう!そこのあなたですよ!!

 

今、日本におけるカジノ事情は大変な事になっているのですよ知っていましたか?

 

僕らがソワソワしてる間にも意外な展開になっているのですよ!

東京オリンピックには・・・なんて声もありますが実際どうなんでしょうか?

そろそろ話が進展してもよくね?って思いません?

 

何がカジノ実現の邪魔をしているのか?知りたいですよね・・・!

 

 

【インカジ】【オンラインカジノ】日本のカジノはどうなるの?

 

いきなり難しい話で申し訳ないですが!

昨年、IR法案(統合型リゾート法案、いわゆるカジノ法案)が国会で成立したことを受け

賭博法との整合性を取るための議論が急ピッチで進められているのを御存知ですか??

海外の事業者も出店に意欲を示す一方で、度重なる規制条件の追加には批判的な声もあるのです!!

 

▼海外のカジノ運営業者も意欲!各種規制には賛否!

一説によると、はカジノ解禁で年間250億米ドル(約2.8兆円)規模の収益が見込めるといいます!

 

「今日まで、運営会社たちは日本でのカジノ賭博にとめどない熱意を示してきた」

という海外事業者の声も聴かれます!

ですが、ATMの設置禁止、日本人はクレジットカードの使用禁止、顧客への金銭の貸付禁止など、

実は次々と追加されるルールが事業者らの出店意欲を削いでいるというのです!

 

一方、フォーブス誌は依存症対策の必要性にある程度理解を示しています!

先月2日にマニラのカジノで銃乱射事件が起きました!怖いですね・・・!

 

ある人は「これはギャンブル依存症患者によるものだった」といいます!

依存者対策をどこまで厳格に行うかについては、海外メディアでも主張が分かれている模様です!

 

▼不要な規制を問題視する海外メディア

カジノにまつわる諸問題への議論は必要ですよね、うんうん。

それにしても日本の規制は行き過ぎだという見解もあるのですよ!

最も問題視するのは、カジノによる貸付の禁止です!

カジノは顧客管理をし、与信と貸付を行うなど、銀行と非常に似た面を持つと言われています!

これを禁止すると(カジノ法案の本質である)経済効果が損なわれるっていうんですよ!

「バーでビールを制限することに近い」とでもいいましょうか!

 

また、顧客は結局どこかから借りることから、

闇金融による非合法な貸付を助長するのではという声もあります!

 

カジノ業界誌『GGRアジア』は、運営業者らの立場から規制を批判しています!

床面積をシンガポールの制限と同じ1万5000平米までとする動きがありますが、

双方の人口は大きく異なるため、同じ数字を当てはめるのはナンセンスだという主張です!

シンガポールの人口約560万人に対し、東京都だけで約930万人もいるんですよ!

あくまでカジノ業界としての立場ですが、

海外の既存ルールを鵜呑みにすべきでないという意見は確かに!って感じですよね!

 

▼国内での事例がないことから慎重論が先行

カジノ解禁に際して規制が先行するのは、まだ未開の地日本ですから仕方無いと気もしますよね・・・!

「政府は自分がやりたいことを分かっていない」

「タスクフォース内に十分な知識がない」

そんな意見も飛び交います!

また、GGRアジアは、ロビー団体があるアメリカと違い、

政府が専門団体から意見を取り入れられないことが影響していると分析しています!

 

▼まとめ

国内では慎重論が根強いですが

海外メディアの間では規制が強すぎるという見方が主流になっています!

国内に知見がない以上、カジノに対する賛否両方の立場から

海外の専門団体の意見を取り入れることも必要と言えそうですね!

うーん、やはり難航していたのですね!本当に実現してくれればいいですが・・・!

 

カジノ倶楽部ジャパン


W88.com


ベラジョンカジノ


インターカジノ