【インカジ】【オンラインカジノ】裏カジノの実態について!

こんにちは、オンラインカジノ紹介ブログ管理人です。

今回は【インカジ】【オンラインカジノ】裏カジノの実態について!

これについて書いていきたいと思います!

違法性に関しては色々書いてきましたがその実態となると話はまた別ですよね・・・!

一体どれくらいの金が動くのか?なんて事、気になりませんか?

今日はそこんところをサラサラっと書いて行きたいと思っておりやす!

最初に言っておきますが裏カジノは違法ですからね!!

 

 

さてさて、オンラインカジノは合法なので何も問題はないのですが裏カジノはそうはいきません!

胴元が怖い人なのは周知の事実だと思います、下手な真似は出来ませんね・・・!

気軽に、かつ安全に遊びたい人は裏カジノは絶対にオススメしません!

そんなのわかってますよ!!という方は大丈夫です!

でも、行かないにしてもどんな所かは気になりますよね・・・?

今日は知られざる闇の部分をお話しましょう・・・!

 

 

【インカジ】【オンラインカジノ】裏カジノの実態について!

 

近頃、新聞やニュースで摘発事件を見ることが多くなった「裏カジノ」

「裏」と付いていることからも分かるように、裏カジノは簡単に言うと【違法カジノ】です!

国営ギャンブルと呼ばれるパチンコや競馬、宝くじと違って

合法でないため日本国内での金銭を伴った賭け事が成立(胴元と賭ける側が存在)すると

賭博行為にあたり罰せられる。のです!

 

混同されがちですが、同じカジノでも、アミューズメントバーやカジノバーは

営業許可証や風俗営業法の許可を得て営業しており、

賭け事=換金が出来るわけではないのです!

日本には各都道府県に必ず1つは裏カジノが存在すると言われ

今や数え切れないほどの店があるらしいですが

実際に小さめの店舗を立ち上げる際には、大体2,000万円程の資金で始めることが多いそうです!

 

現在主流となっているバカラやルーレット等のテーブルを配置するなどの備品や内装で

約500~600万円程かかるが、残る1,000万~1,500万円もの余裕がある資金を回して経営していくらしいです!

 

それでも店側の負けが続いてしまうと3日程で無くなってしまう金額であるため、

資金はできれば5,000万円程持っていたほうが安心だろうと言われています!

 

うーむ、カジノの運営って結構難しいのですね!

やがて店が軌道に乗れば、収益は一日あたり150万前後と予想され

単純計算でも月に4,500万程度の売上ということになります!儲かりますね!

裏カジノ店を経営する上でバックに必ずいると言われる怖い人への支払い金や、従業員の給料

店舗家賃などの諸経費を差し引いても1,000万~1,500万円くらいは残る計算です!

このように、裏カジノ経営者の年収は1億くらいが相場となっているようである!

中々、夢のある話ですね・・・!

 

かつては10億円を稼ぐ経営者もいましたが、規制が厳しくなった現在

2店舗を束ねるオーナーでも1億程に留まっていると言われています!

経営者ともなれば高収入であることは明白であるが、

実際のところはどの経営者も金策に忙しいと言われます!

 

 

稼いだ額が大きい分贅沢に遊んでしまい、すぐ無くなってしまうのが常で、

稼いだお金を上手に残しておく人はまずいないらしいのです!

あぶく銭は身にならないということなのでしょうか・・・?

 

 

▼まとめ

いつ警察に摘発されるやもしれない不安を抱え、法を犯し経営する裏カジノ・・・

実際にお金を賭けてスリルのあるカジノのギャンブルを体感すると、どうにもハマってしまうという話です!

最近では、インカジと言われる至って普通のネットカフェに見える裏カジノも問題になっていますが

ネットカフェと間違えてうっかり足を踏み入れてしまわないよう注意が必要です!

 

何度も言いますが日本では、国営ギャンブル以外の賭博は犯罪です!!!

 

店内で賭博行為に関する現金のやりとりがあった時点で違法行為であり、

経営者も客も罪を犯していることになります!

 

裏カジノの中には通常の2~5倍レートの裏スロットや裏パチンコも存在するが、

どちらも行き着く先は【犯罪】の二文字であるということを忘れてはならないということです!

 

つまりはなんでも「裏」が付くモノは怖いって事ですね・・・!

カジノ倶楽部ジャパン


W88.com


ベラジョンカジノ


インターカジノ