【オンラインカジノ攻略】テキサスホールデムポーカーのルール

皆さんこんにちは。オンラインカジノ攻略ブログ管理人です。

今回はオンラインカジノのカードゲームの中でも

絶対的人気を誇るゲームポーカーについて

ポーカーのゲームの種類や攻略方法を書いていきたいと思います。

特に今世界で爆発的に流行っている

テキサスホールデムポーカーについて詳しく紹介していこうと思います。

 

早速ですが皆さん!

ポーカーってプレイしたことありますか?

学生の頃にトランプで遊んだりしている時に

ポーカーをプレイしていたなんて方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、大体日本でプレイするポーカーは

【ドローポーカー】という一番スタンダードなポーカーだと思います。

最初から5枚のカードがプレイヤーに配られて

5枚全てのカードを最後までオープンせず(見せず)、

一枚ずつチェンジしていき、相手のしぐさや心理を読み解いて

ベット額をどんどん上げて勝負していくというポーカーです。

 

これが日本では一番主流なポーカーのやり方で

他にもスタッドポーカーやフロップポーカーなど

色々なポーカーの種類があるのですが今回紹介したいのは

今世界中のカジノやオンラインカジノのポーカーで主流となりつつある

【テキサスホールデムポーカー】です。

では早速ルールを紹介していこうと思います。

 

オンラインカジノ攻略|テキサスホールデムポーカー

 

【1】プレイヤーにカードが配られる

まずテキサスホールデムポーカーは最初に5枚のカードが配られるわけではなく、

各プレイヤーにホールカードが裏向きで2枚配られます。

プレイヤーはその2枚のカードをまず確認します。

 

 

【2】コミュニティカードが登場する

その後、3枚のコミュニティカードが表向きに場に登場します。

これをフロップと呼びます。このような状態になります。

 

 

この3枚のコミュニティカードは全てのポーカープレイヤーが共用できます。

自分の手持ちの2枚のカードと

3枚のコミュニティカードの中で役を作るというルールになります。

 

例えば複数のプレイヤーがコミュニティカードの

3枚の中の1枚を使って役を作っていてもOKということになります。

 

 

【3】ベット開始

ここからが重要なのですが、

実はコミュニティカードは3枚で終了なわけではなく、

最終的には場に5枚のコミュニティカードが登場します。

まずは3枚の時点で自分の手持ちの2枚のカードと確認してベット金額を決めます。

 

もちろんここで降りてもOKです。

そして次に4枚目のカードが配られます。

そこで再びベット額を上げるか、降りるかを決めます。

最後の5枚目のカードが配られた時点で勝負開始です。

 

 

【4】勝敗が決まる

最終的に自分の手持ちのカード2枚と

コミュニティカード5枚で役を作って勝負します。

一番役が強かったプレイヤーが場のベットを総取り出来ます。

 

 

これがテキサスホールデムポーカーのルールになります。

下記の動画が非常に分かりやすく解説されているのでオススメです。

 

 

 

これが今世界中のカジノやオンラインカジノで主流になっている

テキサスホールデムポーカーのルールになります。

ぜひ皆さんもルールを覚えてプレイしていきましょう!