【日本カジノ情勢速報】日本ではいつからカジノをプレイできるのか?

こんにちわ!オンラインカジノ紹介ブログ管理人です!

 

今回は『日本ではいつからカジノをプレイできるのか?』という事について記事を書いていきたいと思います!

 

 

 

皆さん既にご存知とは思いますが、日本にカジノができるのは決まっていますよね。

 

では、カジノは一体いつできるの?という方の為に

現在の時点で決まっていることをまとめていきたいと思います!

 

 

日本のカジノはいつできるの?

 

当初は、2020年の東京オリンピックまでにカジノオープンを目指していたのですが、様々な問題があり大幅に遅れています。

 

現時点でカジノのオープンは2025年と言われています!

まだ7年も先です。

 

オープンまでの流れとしては、まず2016年12月にIR推進法が可決されました。(カジノ法案)

これはまだ推進法の段階です。

 

次にIR実施法が国会に掛けられます。これがちょうど2018年2月、最近です。

 

これが可決されると、次は1年ほどの時間をかけて法整備を行なっていきます。

 

その後、建設候補地の選定、基本計画の策定、環境アセスメントや地域との合意形成に3年程度を要します。

これが終わるのが2022年頃でしょうか?

 

さらにその後、設計、業者選定、建設の流れとなりこれにも2~3年の時間が掛かるでしょう。

IR=統合型リゾートなのでカジノだけでなく、ホテルや国際会議場、劇場やレストランなど様々なものを建設します。

 

日本でのカジノ解禁は今後の国会の審議次第になりますが、おそらく2020年代前半です。

 

2020年には東京オリンピックが開催されますが、その後になるようです。

 

 

日本のカジノができる場所とは?

 

日本のカジノはIR(統合型リゾート施設)といってカジノの他に、ホテルや劇場、パーク、ミュージアムといった施設と統合してつくられます。

 

地方自治体と事業者が整備計画を申請して、国が認可すれば決まります。

 

全国3箇所のうち2箇所は、人口が集中する首都圏と関西圏が有力候補のようです。

 

今のところ全国3箇所の予定ですが、もしかしたら今後の国会審議によっては増えるかもしれませんね。

 

 

カジノ規制の内容とは?

 

・入場料は、1回あたり6,000円

 

・入場回数は、週3回、月10回まで

 

・納付金(カジノ税)  カジノ収入の一律30%

 

・本人確認方法  マイナンバーを活用

 

・規制の見直し時期  最初のIR認可より7年後

 

まとめると、以上のような感じになります。

 

日本にカジノができると色んな経済効果があると思いますが、心配されていることもあります。

ギャンブル依存症になる人の増加や、青少年への悪影響、周辺地域の治安など‥。

 

たぶん、お金があって普通の思考回路の人は、6000円も入場料を取られたら行くのを躊躇すると思います。

しかし、借金があってお金もないギャンブル依存者は、6000円の入場料を取られても関係なくカジノに行くと思います。

 

2025年前後に日本でもカジノがオープンすれば、勝手にカジノに通い詰め、勝手に破産していくギャンブル依存者が多く出る事でしょう。

 

そういう人達のせいで、アコムなどのサラ金では破格の金利になっている訳です。

金を返してくれないまま自己破産するから、他の真面目に返済してくれる人達から搾り取るしかない訳で…。

 

 

ちなみに、全国の世論調査ではカジノ反対が6割以上もあるようです。

 

カジノが国民の生活に悪影響を与える事の無いようにして欲しいところですね、今後のカジノ規制の動きに注目したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です